<Fashion>

2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生した全く新しい今までにないブランドとして世界中での展開がスタート。 アンバサダーとして今も尚JOURNEYを続けるスタイルマスターの”Jared Mell, Brendon Gibbensを迎え入れ、クラフトマンシップ(職人技)とクリエイティビティ(創造性)を追求。スタイルの調和や機能性とサスティナビリティの両立を実現するためにデザインしています。 Tシャツは全てオーガニックコットン100%でボードショーツは65%リサイクルポリエステルの生地で作られています。そして全てのブランドネームタグは100%リサイクルポリエステルを使用しております。この様にBANKSは地球環境に負荷を掛けないように守り、機能性も追求しながら継続可能な社会を目指したブランドなのです。

THE CRITICAL SLIDE SOCIETY(TCSS)は2009年9月にオーストラリア東海岸沿いの小さなコテージでジム・ミッチェルとサム・クーンズによって誕生しました。 ここ数年間、彼らは世界中から集まった仲間と共に小さなチームを組みブランドをゼロから作り上げてきました。サーフィン、ファッション、アートそしてなによりもユーモアによって人々が繋がる世界を作り上げてきました。 TCSSは現在オーストラリア、アメリカ、カナダ、スペイン、日本の厳選されたセレクトショップで取り扱いがあります。

世界ランカーだった元プロサーファーがカリフォルニア、ハンティントンビーチで立ち上げたブランド。高級感のあるイメージやデザインで、着る人のライフスタイルをサポートします。 ブランドの創立者であるボビークヌッドソン、ケーシーウィットらは、LAから約100km南下した小さな町NEWPORT BEACHで生まれた。SURF CITYとしては世界的に有名なハンティントンビーチの高校を卒業後、プロに転向し世界中をサーフし、97年ROIALを設立。 常にローカル達に囲まれ、サーフカルチャーに接してきた彼らはカリフォルニアのトレンドを取り入れつつ、アクションスポーツ業界とアパレル業界の橋渡し的存在となるべく、新しいスタイルを模索しつづけている。

70年代オーストラリアのヒッピーカルチャーの聖地として有名なバイロンベイにて、その第二世代として生まれ育ったDeclan Wise(デクラン・ワイズ)、Jono Salfield(ジョノ・サーフィールド)を中心に2006年に設立されたオルタネートファッション&ライフスタイルブランド。 Punk-Rock をルーツとしたバイロンベイのモダンデイカルチャーとフリーリビングアティテュードをテーマに、自宅のバックヤードにてハンドスクリーンプリンティングを施したオリジナルアートTシャツの販売からスタートした後、またたくまにオーストラリアで成功をおさめ、現在世界15カ国に広がるブランドへと成長。 “Question Everything” (全てのことに疑問を持つこと)を信条とし、そのあくなき探究心と創造性により、アート、ミュージック、サーフ、ストリートと共にある彼らの日常のライフスタイルをテキスタイルに落とし込み、”Afends way of life” としてバイロンベイより提案している。